ご挨拶 Message

大友健右
未来は、過去の延長線上にない。
時代はいま、「ヒト・モノ・カネ」から
「ヒト・ヒト・ヒト」へ
代表取締役大友 健右

未来は、過去の延長線上にあるわけではありません。

いままでは過去の成功体験をトレースし、
規模を拡大していけば、成長戦略を描くことができました。

しかし、これからの時代は違います。

きょうまでの常識や成功が、明日には通用しなくなる。

この激動の時代において、もっとも投資すべきは「ヒト」です。

大友健右

新しい生活様式、ニューノーマル……人々の行動様式が変わり、
ITとリアルが融合、すべての企業がデジタルトランスフォーメーションへ舵を切るなか、
私たちはもう一度、自らに問いただす必要があります。

本質とは何か?
変革とは何か?
顧客に真に喜ばれるサービスとは何か?

大友健右

うわべだけの化粧直しを本質とするなら、
私たちの存在意義はありません。

自らの都合のための変革であるならば、
やはり、私たちの存在意義はないでしょう。

どんなサービスやテクノロージーであっても、それを生み出し、使うのはヒトです。
その本質を見極めることができなければ、すべては所詮、絵に書いた餅にすぎません。

だからこそ私たちはヒトに拘るのです。

未来は、過去の延長線上にあるわけではありません。
住宅産業の未来、そして私たちの未来は、
これから共に働くであろう新たな仲間たちとともにある、私はそう想っています。

代表プロフィール Profile

大友 健右Ohtomo kensuke
株式会社総研ホールディングス・株式会社ウチコミ・株式会社プロタイムズ総合研究所 代表取締役社長。1972年生まれ。大手マンション会社で営業手法のノウハウを学んだのち大手不動産建設会社に転職。東京エリアにおける統括部門長として多くの不動産関連会社と取引、不動産流通のオモテとウラを深く知る。
不動産屋は笑顔のウラで何を考えているのか?
大友健右の書籍
「不動産屋は笑顔のウラで
何を考えているのか?」