株式会社総研ホールディングス

住宅産業における 「情報の非対称性」を解消する

我々、総研ホールディングスが自らに課すミッションは、 ただこの一点のみです。

近年、住宅産業を見渡すと様々な問題が起きております。

耐震偽造、手抜き施工、不動産情報流通における囲い込み等。
インターネットの普及、そしてテクノロジーがここまで進化したにも関わらず、このような問題は一向に解決されません。

なぜ、解決されないのでしょうか?

それはひとえに「情報の非対称性」、つまりは、事業者が生活者との知識格差を利用して、自社利益の最大化を図ることに起因しております。 格差解消のために我々は、「ウチコミ!」という入居希望者と賃貸オーナーが不動産会社を介せずに「直接出会える」デジタルプラットフォームを運営しております。そこでは、お互いが直接コミュニケーションをすることで、余分な費用負担なく、スムーズに賃貸借契約を交わすことが可能となります。本サイトの主人公は不動産会社ではなく、入居希望者と賃貸オーナーなのです。しかしながら、テクノロジーを持ってしても解決できない問題もあります。
事実、プロタイムズ総合研究所で手がける屋根・外壁修繕事業は、ITテクノロジーと機械によっ て、オートメーション化できるものではありません。一つ一つの現場が職人による手作業によって行われます。

そこには、お客様に 対する「心」がなければいけません。
お客様にご満足いただく「技術」がなければいけません。
そしてなにより、「名工品質」を提供する職人としての「誇り」がなければいけません。

この3点は、ネットやテクノロジーの進化を持ってしたとしても、埋めがたい厚い壁が存在します 。

なぜなら 、人の存在自体がデジタルではないからです 。

ならば 、我々がチャレンジすべきは、「お客様の喜びとは何か?」を本質的に捉える機微を備えた人間力を極限にまで高め、そこにデジタルイノベーションのエッセンスを融合させることにより、住宅産業における新たな価値を創出することに他なりません。
そのために、事業者と生活者の情報格差をなくし、真に公正なマーケットを創りあげることを、ここにお約束いたします。

ぜひ、これからの「総研ホールディングス」にご期待ください。